RCCARADDICTION.COM

Home ホーム > 車の調整 > ロールセンターとコーナーリング

ロールセンターとコーナーリング

ロールセンターはコーナーリング時のロール量に大きく関わります。ロールし難くする固さをロール剛性といいます。ロール剛性が低い方がロールします。

ロールセンターは次のような作図で求められます。

左右対称として片側だけ考えます。下図を参照してください。

アッパーリンクとロアアームの延長線 (a と b) の交点を求めます (黄土色の点。瞬間中心となる)。 次に瞬間中心とタイヤと路面が接触する点を結びます (赤色点線)。これが車体の中心線と交わる点がロールセンターとなります。

直進状態からコーナーリングを開始した瞬間を考えると、重心に遠心力がかかり、ロールセンターを中心に車体をロールさせる力が働きます。

同じ遠心力 (赤矢印) でも、ロールセンターと重心が離れているほど、ロールさせる力が大きいです。 逆にロールセンターとロールセンタが近いとロールさせる力は弱まります。すなわち、ロール剛性が高まります。

ロールセンターの場所は、ロアアームを固定して考えると、アッパーリンクの取り付け方で調節可能です。

タイヤに近い側のリンクを高く設定したとすると、下図のようになり、ロールセンターは上がります。通常重心はロールセンターより上にあるので、近付き、ロール剛性が高まります。ロール量が減ります。

逆に内側のリンクを高く設定すると、下図のようになり、ロールセンターは下がります。ロールセンターと重心が離れ、ロール剛性は弱くなります。すなわち、ロールしやすい車体になります。

いちいち図をみて考えると面倒くさいのでまとめると、次の通りです。

アッパーリンクの・・・
外側を高く → ロールが減る
内側を高く → ロールが増える

最近はアームマウントで LRC とか HRC とか設定する向きもありますが、あまり自由度があっても設定がややこしくなるだけなので、 基本アッパーアームで調整すれば良いです。

さてそれでは、ロールしたりしなかったりで、何が変わるでしょうか。

覚え方というかイメージは、ロールが減ると真横に遠心力がかかり、ロールが増えると外側のタイヤを下に押し付けるイメージです。

路面のグリップが高いところでは、ロールによってタイヤと路面間の摩擦が強くて踏ん張れるので、 ロールを増やしてコーナーリングの踏ん張りを稼ぐ必要がありません。それよりも、車体が横にグ~ン、グーンと、揺れる動きを減らして、 さっさと次のアクションがとれた方が機敏にコーナリングできます。

逆に路面のグリップがそれほど高くないところでは、ロールしないと真横に滑り出してしまい、前に進まなくなります。 この場合は、ある程度車をロールさせて、コーナーリングで踏ん張れるようにします。

ショックは柔らかくしたいんだけど、コーナーリングではあまりロールして欲しくない、というような場合は ロールセンターを調整するなどしてジオメトリを変えて、そもそもロールさせる力をあまり発生させないように、と考えます。

さらに、曲がる、曲がらない、という調整をするときには、フロント、リアのロール剛性を変える場合もあります。

Home ホーム > 車の調整 > ロールセンターとコーナーリング